東陽片岡先生の「油あげ定食のブル~ス。」(出来るだけ再現)

 東陽片岡先生の漫画本「ワシらにも愛をくだせえ~っ!!」の中に、「油あげ焼き定食のブル~ス。」という作品が入っている。山下則夫さんは仕事終わりに、「山形屋」という古い食堂で「油あげ焼き定食」を注文して食べるのが日課っぽい。

 「ワシらにも愛をくだせえ~っ!!」おもしろかった! https://zabutonguma.blog.fc2.com/blog-entry-617.html


2018年11月5日 油あげ焼き定食のブル~ス 1


 恐ろしく無口な山下さんがボソッ…と一言喋ってくれるだけでなんか嬉しい。


山下さん
 山下さん


 山下さんよりも少し先に入店していた「いつものお兄さん」は熱燗を飲んでいたけど、山下さんの油あげ焼き定食を見て「ウマそうだなぁ。オレも注文したいなぁ…。」


2018年11月5日 油あげ焼き定食のブル~ス 2


お兄さん
 お兄さん


 注文し難そうなお兄さんに山形屋のオバちゃんは、「お客さんも、油あげ焼き定食たべてみないかい?おいしいよ。」って助け舟を出してくれる。オバちゃん曰く「酢醤油と刻みネギが、すごく合うんだよね」(※続きは本を買ってどうぞ)

 自分も読んでいる内にやっぱり「ウマそうだなぁ」と羨ましくなり、近々再現してみるつもりでした。だってウマくないワケ無いじゃないか。味を想像するだけでも涎が溢れて来たよ。

 そして11月4日(日)。飯能まつりのご当地グルメ?テントで、新潟の「栃尾あぶらげ」を発見!揚げたてをその場で食べるのは、約2分の1枚200円ぐらいだったかな。既に出来上がっているのは3枚入いくらだったか忘れた。

 普通の油揚げとは違い、とてつもなく分厚くて大きい。でも意外とアッサリしているので1枚ぐらいは普通に平らげられる。酢醤油のお陰でますますアッサリ。


2018年11月4日 飯能市 飯能まつり 栃尾あぶらげ 試食販売


 極たまにチェックしに行くスーパーでも同じメーカーの栃尾あぶらげ売っていて買う時もあるけど、せっかくだからテントで買って来た。ついでに飯能駅近くのスーパーでネギとかも。

 酢醤油と刻みネギを主体に、自己流でおつゆ(タレ)を作ったです。

 米酢、醤油、甘味、長ネギ、味の素2、3振り。←これ等を沸かしたところに刻みネギを投入→すぐ火を止めて魚焼きグリルで焼いた油揚げにかける→完成。これが、読みながら自分の想像した味。実際は違うかも知れないけど。

 ところが、↓油揚げ分厚過ぎておつゆを殆ど吸ってしまった…。この油あげ焼きは、お皿に残った「おつゆ」が一番大事なトコなんだよ…。


2018年11月5日 油あげ焼き定食のブル~ス 3


 とはいえ凄まじく美味しかったな。「おつゆ」以外で惜しかったのは、豆腐を買い忘れて味噌汁の具がナスになったことか。その辺の再現はまたの機会に。

 ナスの味噌汁は好物なのに、勿体無くて滅多に作らない。大体いつも高いし、それなら炒め物や漬物に使いたいではないか。

 今回は糠漬けにしそびれて種が黒ずむほど放置してしまい、かと言って捨てるほどでも無かったのを使いきることが出来た。

 油あげ焼きは、途中途中でおろしショウガを乗せて味を変えても美味しかったよ。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

関連するタグ 祭り 自炊 漫画 東陽片岡 

プロフィール

つぶりかぶり

Author:つぶりかぶり

検索フォーム
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
飲 (4)
本 (1)
タグリスト
お気に入り
☆☆☆
tsuburikaburi@gmail.com
RSS