所沢市 滝の城 1 血の出る松跡

 こないだ車で出かける時。ウチからの狭い道を通って広い国道に出るんだけど、その狭い道にノラネコさんが歩いていた。

 ネコは敏感なので、後ろで車が徐行しているとすぐにハッと気がついてピャーッと横道に逃げ込んでしまうものだけど、この時のノラネコさんは実にマイペースで、こちらに全く気がつかずのんびり狭い道のド真ん中をテクテク歩いていた。

 面白いのでニコニコしながらノラネコさんの後ろを徐行していたら、突然ツバメさんがビューンと急降下して来て、ノラネコさんの頭をコツンと叩いてすぐにまたビューンと去って行った。

 するとノラネコさんは我々に気がつき、相変わらずのんびりではあったけど横道に逸れてくれました。

 公介「すげー!ツバメ賢いー!」(驚愕)

 自分はツバメ賢いの知っていたですよ。ホントに仲良しだからな。手塚治虫も「ブラックジャック」で描いていたけど、鳥さんは自分が助けられたことを忘れないんだよね。それに、何故かみんな(鳥達)に知れ渡っている。例外はドバトで、モンハンのジャギィみたいなもんだから仲良しになれっこない。アイツ等は心の構造が昆虫に近い。昆虫に心があるのかは知らんが。

 18歳の頃、自宅工場(こうば)前に置いてあった一斗缶に落っこちていたツバメの雛を父親が見つけて、自分が主に世話をしていた所為か物凄く懐いてしまい、片時も離れようとせず肩の上に乗っかっていて、自分の部屋着は背中が常にツバメの糞だらけだった。それでもぜんぜん汚いと思わなかったな。

 初めは何も食べようとしなかったので、無理矢理クチバシをグググッとこじ開けてミルワームを1匹食べさせた。ミルワーム触るのキモイなんて言っていられず、すぐにピンセットを諦めて指で摘まんで食べさせるようになった。

 一度食べさせたらコッチのもので、その後はモリモリ食べてくれるようになり、ウチに来た当初ぜんっぜん人馴れしていなかった垂造(ケヅメリクガメ)にも同じことしたなぁ。

 とりあえず動物病院へ連れて行ったら、「もう仲間ともはぐれているし放しても死んでしまうだけだから、その時が来るまで可愛がってあげて下さい」と言われ、ショックを受けながら2ヶ月ぐらい一緒に居たな。

 実際、スズメやツバメ辺りはペットとして飼っちゃいけないんだよな。自分は、余命僅かな野生の小鳥を看取る役目を仰せつかっただけのこと。それでも「越冬させてやる!」って意気込んでいたけど、お医者の言っていた通り長生きは出来なかった。

 ただ、その翌年から何故かよそのツバメがこぞって挨拶してくれるようになったんだよな。それは今でも不思議と続いていて、「●ちゃん凄いねー。ツバメとホントにお友達なんだなー」と、公介氏にも感心される。

 そういや、カラスに食パン(ゴミ置き場の残飯)を貰ったこともあるよ。公介氏爆笑していた。自分の前世は鳥類だったのだろうか?ドバトで無いことだけは確かだな。

 ・
 ・
 ・

 八王子城を後にして、お腹が空いたのでカレーを食べることにしました。

 よくある感じの多国籍なカレー屋さんでそんなに期待はしていなかったけど、他では食べたこと無い味がして意外にも美味しかったな。でもホント、米のご飯までは要らんですよ。大体いつも断り忘れて大変苦しい思いをする。

 10年後…いや5年後にはもう、カレー屋さん巡り出来なくなっているかも知れない。完食出来る自信ないもん。今だってギリギリ(時には公介氏に手伝って貰っている)なのに。

 「値段は同じでイイので、ナンを小さめに、カレーも半分の量にして下さい」とでも頼めばOKしてくれるんだろうか。店員さん達は大体例外無く優しいから平気で「半額でイイヨ」とか言いそうで、それが物凄ーく不安だ。要するに、お店をやっているからには少しでも儲かって欲しいのです。足を引っ張るようなことはしたくないではないか。

 ・
 ・
 ・

 戦国 滝の城まつり フライング からのつづき。


2018年5月6日 ナマステ八王子


 JR武蔵野線・東所沢駅前。しかしどうして開催日間違えたかなぁ。未だ腑に落ちなくて考え込んでいる。

 それと八王子城跡へ行った時の写真を見直してみたら、ココにも滝の城まつりのポスター貼ってあった。無意識に撮っていたっぽい。記憶無し。


2018年5月13日 JR武蔵野線 東所沢駅 2


 ↓向かって右のポスターと同じのが、八王子城跡にもあったということ(↓撮影場所・滝の城)。


 2018年5月13日 戦国 滝の城まつり 寄居 北條まつり ポスター


 東所沢駅から滝の城跡まで歩いたコースは、↓この地図とほぼ同じ。





 行きは線路沿いからはずれて玉露園の工場の前を通り過ぎ、ローソン所沢城店でお手洗いを借りて、目の前の道を横切って「はっぴーいちご園」というイチゴ狩り農園の前を通り過ぎ、そこからすぐ滝の城に着いた。


2018年5月13日 東所沢 滝の城 入口2018年5月13日 東所沢 全体図


 公介「●ちゃん、こっちおいで。恐ろしい物を発見ししましたよ」

 何これ「血の出る松跡」って…。幽霊は信じないけど、こーいうのは単純に気味悪いなぁ。

 血の出る松(昭和40年)

 滝の城の七曲坂には、木肌に傷をつけると赤色の樹液が出ると伝えられる大きな黒松が立っていました。昭和47年に枯れて伐採されましたが、跡地には記念に「血の出る松の跡」碑が残っています。
 所沢市ホームページより


 所沢市ホームページ 血の出る松跡リンク

 あまり詳しい話は載っていなかったけど、個人ブログで言い伝えを読むことが出来た。まーた秀吉絡みか…。

 秀吉って、ここ十数年の間にガラリと評価が変わった気がするな。自分は山田風太郎の「妖説太閤記」のインパクトが強過ぎたので、きっと山風が書いた人物像に近いヤツだったんだろうなぁ…とずっと思っていた。それは妄想でしか無いけど、そのお陰か評価があまりよくない方へ変わったからと言って、大して驚くことも無い。大体、どう贔屓目に見ても善人なワケ無いじゃん。それはどの武将達にも言えることですが。


2018年5月13日 東所沢 滝の城 血の出る松跡


 馬頭観音(多分)も、フンイキがあってカッコイイ。こーいう石像・石碑は大好物。不思議な気分になる。


2018年5月13日 東所沢 滝の城 馬頭観音

 
 水が蓄えられているわけでは無いけど、ちゃんとお堀だったので感動した。滝の城まつり本番の日は、このお堀の中でお弁当を広げているご家族連れもいました(※実は滝の城まつり行って来た。その時の様子はまた後日に)。この日は気がつかなかったけど、簡単に入り込めるようになっていたんだよな。


2018年5月13日 東所沢 滝の城 二の堀


 よし、さっそく本丸跡へ行ってみよう。


2018年5月13日 東所沢 滝の城 本丸跡 道標2018年5月13日 東所沢 滝の城 お堀


  つづく。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

関連するタグ 外食 カレー 生き物 お城 史跡 歴史 

プロフィール

つぶりかぶり

Author:つぶりかぶり

検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
飲 (4)
本 (1)
タグリスト
ここに登場する面々
つぶりかぶり(自分) ♀
 半病人。
 東陽片岡愛。好き嫌い少ない。

公介 ♂
 昭和プロレス愛。ド偏食。
 卵好き。

古老
 ロシアリクガメ 賢い。

タレ
 ケヅメリクガメ 黄レンジャー。

ミノさん
 クサガメ♀ バーサーカー。

ケンさん
 クサガメ♂ 天使。

ミナミのヒト
 ミナミイシガメ 気まぐれ。

植物
 よく枯れる。

お気に入り
RSS
☆☆☆