青木村の旅 2015年8月 その8 善光寺 ほぼ駆け足で名所巡り

  その7 http://zabutonguma.blog.fc2.com/blog-entry-32.html


 遂に善光寺の本堂。思っていたよりも遥かに大きかったです。

 この日初めて、「牛に引かれて善光寺参り」という言葉を知りました。

 牛に引かれて善光寺参り
 【読み】  うしにひかれてぜんこうじまいり
 【意味】  牛に引かれて善光寺参りとは、思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。
     また、他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることのたとえ。

 故事ことわざ辞典より http://kotowaza-allguide.com/u/ushinihikaretezenkouji.html

 今年は確かに思いがけないこともあったけど、それが良いことになるのか大したことじゃなくなるのかは自分次第…ってところが物凄く嫌で困っている。

 あそうか!こんな時にこそ神社やお寺で「上手く行きますように」とか願かけをすればいいんだよな。そんなこと全く頭に無かった…。

 この日は多分、参拝客少なかったと思う(お盆後の平日だったし)。ただ、添乗員の見習いさんなのかバスガイドの見習いさんなのか判らないけど、制服を着たけっこうな人数の女性達が研修みたいなことをやっていて、本堂の中を歩いてみたくても邪魔になりそうで気が引けて諦めました…。


2015年8月 善光寺 本堂 真正面2015年8月 善光寺 牛に引かれて善光寺参り


 大きな常香炉にお線香の束をくべるのが面白そうだったので、珍しくやってみたです。
  
 でもやっぱり慣れないことはするものじゃないな。お線香の火を点ける所がシガーソケットのような穴になっていて、ちっとも火が点かないからしつこく押し込んでいたら、今度はボワッと炎が上がってしまい振っても振っても消えてくれない。

 炎の上がったままくべてしまっていいのか判らないし、息でフーッフーッ消すわけにもいかないし、でも煙たいし、やっとの思いで消したはいいが…、一部始終を見物していたらしい目の前のオバサンがオロオロしていた。恥ずかしい…。

 もう二度とこんなことやらないと誓ったよ。


2015年8月 善光寺 常香炉2015年8月 善光寺 お線香


 そういえば、本堂から少しはずれた所に物凄い大木が…。雷に撃たれたのかどうかはよく判らなかったけど、木の皮も縦にビャーッと剥けていて火傷みたいで痛そう。やっぱり落雷なんだろうか。


2015年8月 善光寺 本堂からの眺め2015年8月 善光寺 痛々しい大木


 ↓ここからは大変だったな。閉門時間まで残り僅かだったので、裏の方にある名所を駆け足で見て回りました。

 道具塚(護法塚)、千人塚、徳川大奥供養搭、松代藩真田家の古塔、迷子郵便供養搭(←切なくて泣けた)、そして濡れ仏…。


2015年8月 善光寺 各名所


 名所を見終わった後に参道まで戻って来たら、さっそく店じまいをしているお店もチラホラ。


2015年8月 善光寺 仲見世の店じまい2015年8月 善光寺 松本りんご店


 車を停めたパーキングの近くにあった、松本りんご店という可愛い名前のお店。川越にも関根乳母車店という可愛い過ぎるお店がある(あった?)けど、自分もこんな感じの店名をつけてお店屋さんをやってみたかった。
 
 ・
 ・
 ・

 …信心深くも無いのに寺や神社巡りはけっこう好きなので、善光寺も凄く楽しかったです。もう1度ぐらいはゆっくり巡ってみたいと思っています。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 信州旅行
ジャンル : 旅行

関連するタグ 旅行 青木村観光SPC 神社仏閣 歴史 史跡  

プロフィール

つぶりかぶり

Author:つぶりかぶり

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
飲 (4)
本 (0)
タグリスト
ここに登場する面々
つぶりかぶり(自分) ♀
 半病人。
 東陽片岡愛。好き嫌い少ない。

公介 ♂
 昭和プロレス愛。ド偏食。
 卵好き。

古老
 ロシアリクガメ 賢い。

タレ
 ケヅメリクガメ 黄レンジャー。

ミノさん
 クサガメ♀ バーサーカー。

ケンさん
 クサガメ♂ 天使。

ミナミのヒト
 ミナミイシガメ 気まぐれ。

植物
 よく枯れる。

お気に入り
RSS
☆☆☆