セリアのB6フリーノート(368P)を買う為だけに往復3km以上歩いて寒かった。

 桔梗屋 (桔梗信玄餅) 工場見学 3 からのつづき。

 桔梗屋工場のある笛吹市から、甲府市にやって来ました。ちょっと欲しい物があって楽しみにしていたんだけど、日曜日が定休日のお店だったらしく死ぬほどガックシ…。まさに○| ̄|_←こんな気分だったよ…。

 気を取り直して、前日だかに…

 公介「●ちゃんはほぼ日手帳って中身見たことある?」

 自分「ゲームのMOTHER関連以外で、糸井なんぞに貴重なお金を落すなんて屈辱以外の何物でも無いから触れたことも中身を見たことすらありません」

 公介「言うと思ったwwwまとめサイトで見たんですがね。百円のセリアに同じような使い方の出来るノートが売っているらしいですよ。ワタシもホンモノをジックリ見たこと無いから解らんけど、ほぼ日って1日1ページ使えるから書き応えあるって」

 NAVERまとめ セリアのノートが「ほぼ日手帳」に似ていると話題で大人気! https://matome.naver.jp/odai/2141962158591872201

 自分「そういうことだったのか。ホンモノはどうせ意識高い系で値段もバカ高いんだろうし、使いこなせるワケも無いし(そもそも欲しくない)、セリアのだったら欲しいかもなー」

 公介「甲府周辺にセリアは無いもんかね(グーグルマップで調べる)。あっ、この辺(舞鶴城公園近くのコインパーキング)から1.6km辺りにあるイッツモア塩部ってスーパーが一番近いっぽいですよ。行ってみる?

 自分「たまには見慣れない土地も歩いてみたいからええで」

 実家の周辺の2~3km程度ならとりあえず歩き慣れているしそんなに遠くは感じないけど、完全に土地勘の無い場所を歩くのって思っている以上に遠く感じるよな。グーグルマップで見ると大したこと無いのに不思議だ。





 しかも甲府駅周辺と違い吹き荒ぶ風が良く似合う郊外って感じの景色に変わって行き、さらに川(※山梨にも荒川繋がっているの?)を渡る辺りが猛烈に寒くて、公介氏が大体いつも暖かいこちらの手をカイロ代わりにしてなかなか離そうとせず…。

 「弐十手物語」にもあったろ。女のヒトの方が常に手が冷たいんだって。で、話に登場する女形の役者が徹底的に女になりきる為、常に冷やしたコンニャク袋で手を冷やしていた。なんでウチは逆なんだろう。いや、冷たくならないワケでは無いけど。でも大体ポカポカしているようです。

 …というより何もわざわざ山梨に来てまで往復3km以上も歩いてセリアを探す必要も無かったんだよな。今週にウチの近く(※無いけど)で買えば住むことだった。


2016年12月11日 舞鶴城公園(甲府城)前のコインパーキング


 あっ!いつも車で通り過ぎるだけだった、憧れのハッピードリンクショップ!!
  
 寒いしあったか~いお茶の1本も買って温まろうかとも思ったけど、一番奥の自販機に「70円~」と看板が立っているのに、一番安くて80円ってどういうこと?凄まじい裏切り感に絶望して立ち去った。なんだよこんなもんか…。


2016年12月11日 ハッピードリンクショップ 12016年12月11日 ハッピードリンクショップ 2


 けっこう暖かい格好をしていたのに、埼玉の寒さとは段違いで凍える寸前で、サッサと店内に入ってしまった為イッツモア塩部の外観写真は撮り忘れてしまった。どうせもう二度と訪れることも無いであろう小規模ショッピングセンターだけど、セリアの隣に本屋さんあったお陰で買いそびれていた「センゴク権兵衛4巻」を買うことも出来て良かったです。

 無事、B6ノートと「センゴク」を手に入れた後に「なんか山梨っぽい物無いかなー」とスーパーの食品売り場も物色してみたけど、なーんも無くて。せいぜい五倍濃縮のめんつゆ「ビミサン」(信玄の父親武田信虎の末裔が営んでいるテンヨのだしつゆのメーカー)ぐらいか?でも先日の長野で買ったのが未だに未開封だし、帰り道に重たい思いをしたくなかったので結局買わんかった。

 ↓これがセリアのB6ノート368ページ…。そう毎日毎日書くことなんか無いから、コレもサービスエリアや道の駅のスタンプ帳になるのかな。ただ、公介氏が職場の出先から貰って来た大きめの手帳もあったりして、日記として使わない限り断裁してメモ帳にでもするしか無さそうな…。そのメモ帳も滅多に使わないという…。

 で、既に県民手帳を持っている公介氏はどうしてほぼ日もどきを欲しくなったのか解らない。

 …自分もつい買ってしまったけど、ビリッと破いてメモ帳代わりに使ってしまいそうな予感が(ノートの意味無し)。


2016年12月11日 セリア B6 フリーノート 368ページ 12016年12月11日 セリア B6 フリーノート 368ページ 2


 舞鶴城公園近くからイッツモア塩部の往復はとにかく寒かったけど、ハッピードリンクショップの品揃えもじっくり見ることが出来たし、帰り道で立派な富士山を眺めることも出来たし…、行ってみて良かったと思う。
 
 それにしても中央道を通るたびに思うのが、こんな山だらけの場所から大群を率いて上洛しようなんて到底無理な話だよなーってことなんだよ。ロクな道路も無かったろうに、そりゃーさすがの信玄さんだって体調崩してポックリ逝ってしまいますよ。

 山沿いの高速道路なんて、トンネルあってこそだからな。戦国時代はもちろん無かっただろうしなぁ。

 しかし佐々成政のさらさら越え(越中越えwiki)なんて、いくら秀吉憎しの意地でもアホの極みだよな。下手すりゃ死ぬだろう。どうせ後々切腹させられるんだけど。

 極寒の山越えをしてまで浜松の家康のところまで行き、空振りで失意の佐々成政の小説を読んだことあるような気がするんだけど、タイトルがちょっと伝奇小説っぽかった記憶があって「秀吉 秘峰の陰謀―佐々成政の飛騨雪中行」だったか、「黒ゆりの武将・佐々成政」だったか(あまり伝奇っぽくないタイトル)…、本棚の前がとっ散らかっているから捨ててはいないと思うけど探しようが無く無念。

 眠れなくて、つまらないことを長々と書いてしまいました。


2016年12月11日 山梨 甲府 塩部辺りの富士山


 もう少しつづく。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : ¥100均で買いました(^^)v
ジャンル : ライフ

関連するタグ ドライブ 散策 富士山 歴史 文房具 

プロフィール

つぶりかぶり

Author:つぶりかぶり

検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
本 (0)
タグリスト
ここに登場する面々
つぶりかぶり(自分) ♀
 半病人。
 東陽片岡愛。好き嫌い少ない。

公介 ♂
 昭和プロレス愛。ド偏食。
 卵好き。

古老
 ロシアリクガメ 賢い。

タレ
 ケヅメリクガメ 黄レンジャー。

ミノさん
 クサガメ♀ バーサーカー。

ケンさん
 クサガメ♂ 天使。

ミナミのヒト
 ミナミイシガメ 気まぐれ。

植物
 よく枯れる。

お気に入り
RSS
☆☆☆