沼津ドライブ 2016 海鮮丼を食べたり、ハイラーメンを買ったり…

 昨日はぎょうざの満州の本店に行ったよ。新所沢東口本店だったっけな。お隣には別館もあって、6人様から宴会も出来るらしい。満州で宴会してみたい…。でも5人もお友達いないんだよなぁ残念なことに。
 
 切るつもりは無かったのに年賀状を出すのをサボって疎遠になってしまったお友達もいるし、嫌で嫌で仕方なくて切ったお友達もいたけど、自分の中の「友達観」が完全に変わってしまったので、当時仲の良かったヒト達と今さら会っても全く話は弾まないんじゃなかろうか。

 20代の頃、40代ぐらいの女のヒト達だけのグループが食事をしながらお喋しているところを見た時、「こんな風にはなりたくないな」と心底思ってしまったのがイカンかったと思う。その後も同じく40代、50代、60代の各女性グループに近い席へ通された経験を何度もして来て、あんなに綺麗なお化粧をして綺麗な服を着て上品なエエとこのマダムっぽい集まりでも、女のヒトが3人以上固まると何故か超絶下品な生き物になることに改めて気がついてしまった。

 自分の娘・息子や孫のようなお運びさんに年甲斐も無くキャピキャピ長々と話しかけて困らせた上に、ちっとも面白くもないことで店内のお客が全員振り返るほどに「ドッ!」と爆笑したり「キャーッ!」絶叫したり…ってところなんか、週末の居酒屋の酔っ払い男性サラリーマン諸君と大して変わり無い。男性の方がまだ節度があったりするぐらいで。

 大江千里の曲に「昼グリル」って曲がある。リアルタイムでアルバムを買ったりもして、この曲の中に登場する主婦達なんかまだまだ全然マシな方だとは思うんだけど、この曲を聴いた時も詞の意味を真正面から捉えて「こんな風には絶対にならない」と心に誓ったことだけは未だに覚えている。

 自分は紛れもなく女性の思考回路で性同一性障害でもなんでも無いけど、同性が凄まじく苦手なんだよ…。

 女のヒトの厄介な部分は徹底的に排除して生きて行きたいなと常々思っているけど、いつも公介氏を困らせているから上記のオバチャン共と大して変わらないんだと思う。固まって傍若無人にならないところは除いて。





 しかしライブに行くほど大江千里好きだった…ってことが自分の中では黒歴史に近く、公介氏に「クイッwクイッwクイッw」(「おねがい天国」)とかバカにされて「(クソッ)………だよねぇ」としか言い返せなかったり色々悔しい思いをして来た。

 「とりあえず全曲聴いてからバカにしれよ」と言ったこともあるけど、自分も公介以上に公介氏の聴く音楽を小バカにすることもあるし、お互い様です。

 ・
 ・
 ・

 いきなり餃子の話に戻って2月の終わりに「ミスターギョウザ」も食べに行ったけど、満州もミスターも埼玉のソウルフード的なお店であります。ブンブン餃子も食べたら埼玉発祥餃子はコンプリートになるのだろう…か?

 ただ、ミスターの方は入口に彩の国優良ブランドのステッカーまで貼ってあるのに居た堪れなくなるほどの寂れっぷりで、お客は我々しかいなかったし、時間帯が悪かったのかな。でも味は美味しかったよ。

 実家のある都内の区にも店舗があるみたいなので、そっちでも食べてみたい。

 餃子という料理は、作ると決めたらこの時ばかりはお金に糸目をつけず材料を惜しみなく使って自分で作るのが一番美味しいものだと思っているけど、満州のように「この安さでこれだけ美味しければ全く問題無し」って側面もある。だから宇都宮の餃子もアレはアレでイイと思うし、何でも高級ならイイってもんでもない。それに「満州」は別にジャンクな美味しさってわけでもない。ちゃんと美味しいよ。

 ・
 ・
 ・

 エヴァンゲリオンの足柄SAのつづき。

 富士山は自宅のベランダからでも充分見ることが出来る(←マンションを買う上での条件に入れていた)ので、特に空気の綺麗な冬場は珍しくも何とも無いんだけど、やっぱりこんな風に高速を走っている時に見えて来る富士山は格別。


2016年5月7日 東名高速から富士山


 沼津港到着。前回は土砂降りに近かったけど、今回も段々と雲行きが怪しくなって来た(結局降らなかったけど)。

 「沼津港新鮮館」の曲は相変わらず名曲だったな。大昔のラップって感じ。新曲もあった気がする。

 なんというか、ある種のフラストレーションを発散するかのようなファルセットというかシャウトというか………思ったけど、新鮮館内の店舗が一店でも潰れたら歌詞作りなおしだよなぁこの曲。



 

 大型展望水門びゅうおにも寄りかったんだけどな。「そんなんよりマルちゃんのハイラーメンだ!」って、今回も寄らずに帰って来てしまいました。お昼ご飯を食べてほぼトンボ帰りしたようなものです。


2016年5月7日 沼津港から大型展望水門「びゅうお」


 公介氏「出張の時、先方にココでご飯をご馳走になったんですよ」ってお店に連れて行って貰いました。出張の時はたまたま金目の旬だったけど、公介氏はその時と同じ気分でまた金目の煮付けを注文してしまった。

 5月まで来ると、さすがに物足りない味になってしまいますな。しかもお昼過ぎで「頭の部分が品切れなんですが、宜しいですか?」って。

 まぁそれでも充分美味しいお魚だけど、やっぱり「地魚天ぷら定食にしれば良かった」と後悔していた。

 自分は海鮮丼を食べた。特に中年になってからは、生魚はどんなに好物でも1種類につき1切れ2切れで食べ飽きてしまう面倒臭い体質なので、色んな種類の魚介類の乗っかった海鮮丼が一番食べ易くて好き。変なエビが乗っかっていて豪華に見えるけど、過食部分は2口ぐらいだっただろうか。頭の味噌は吸っても吸っても出て来なかった(…なんで?)


2016年5月7日 海鮮丼


 お勘定をしてお腹いっぱいになって外に出たら、サビ猫って言うのかな?そんな感じの猫さんが「ニャア」と寄って来て、ヒトのふくらはぎに身体を押し付けてスリスリして来た。

 祖母以外に全く慣れなかった、可愛気の無い猫2姉妹の内の1匹が病気で亡くなった途端に残された1匹が何故か擦り寄って来るようになり、「なんだコイツ。今さら手遅れなんだよ」って余計に猫嫌いになったわけですが、今は猫も好きなのでスリスリされると嬉しい。家に連れて帰りたい可愛さだった。 


2016年5月7日 沼津港の猫ちゃん


 腹ごなしに少しプラプラ歩いていた時、鯵の骨煎餅というのを見つけた。紙コップに3匹分挿さって百円。けっこう買って行くヒトがいたので我々も1つ…。

 なんかちょっと放置状態で油が酸化していた気もしないでも無いけど、ここまで口の中にトゲトゲした物も残らずサクサクに揚がるものなんだな。揚げたてを食べてみたくなりました。


2016年5月7日 沼津港 無人販売 鯵の骨煎餅


 この後、港近くのマックスバリュでマルちゃんのハイラーメンとキリンパンと、下田産の中位の金目が1匹440円(半額シール)だったので、もう1匹(半額じゃない)のも買って家でも金目三昧出来ました。港で買うよりも遥かに安い…というより、沼津港はお魚ほとんど干物にされちゃっているし…。

 公介氏「下田なら………まぁ沼津で買うのと大して変わらんでしょ。ラッキーだったですね」

 たとえ半額でも1匹440円するお魚なんて、普段は滅多に食べないよ。たまーーーにだからこそ、有り難味も大きい。贅沢が当たり前になってしまったら、もし生活レベルを下げざるを得なくなった時に必ず苦労をするよな。

 それでも久しぶりの贅沢でとても楽しい沼津ドライブでした。

 おしまい。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

関連するタグ ドライブ 外食 生き物 富士山 音楽 動画 

プロフィール

つぶりかぶり

Author:つぶりかぶり

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
飲 (4)
本 (0)
タグリスト
ここに登場する面々
つぶりかぶり(自分) ♀
 半病人。
 東陽片岡愛。好き嫌い少ない。

公介 ♂
 昭和プロレス愛。ド偏食。
 卵好き。

古老
 ロシアリクガメ 賢い。

タレ
 ケヅメリクガメ 黄レンジャー。

ミノさん
 クサガメ♀ バーサーカー。

ケンさん
 クサガメ♂ 天使。

ミナミのヒト
 ミナミイシガメ 気まぐれ。

植物
 よく枯れる。

お気に入り
RSS
☆☆☆