11月末の横浜中華街 フカヒレ・135品目食べ放題

 昨日は公介氏の仕事納めだった。今年もお疲れ様。

 こないだ行ったばかり(って程でも無いと思うが)のカレー屋さんに行ったら、「お店のドアを開けた瞬間、露骨に『おいおいコイツ等また来やがったよwww』って顔をされたよwwwもう行けねぇwww」だって。自分が目ぇ合った時は普通にニコニコと(ナマステ~)って感じで手を合わせて迎えてくれたんだがな。そんなヤツだったのかーあのイケメン店員さん(←ますます日本語上手になっていた)。

 …それはイイとして、昨晩は今年最後のカレーでした。12月はウチでもアルベイガンとキーマを同時に作り過ぎて3日4日続いたりしたので、さすがにカレー食べ過ぎたなーと反省している。でもその3日4日と休日以外は、わりと節制しているつもりだったですよ。

 でもやはり年の所為で代謝が悪く、なかなか痩せないどうしよう。年明け、病院の先生にまた嫌味を言われるぞー。もう先生の顔も見飽きて来たし、そろそろバックレようかな。

 土日に嫌んなるほど歩き回り、でも月~金は完全に引き篭もり…ってのが良くないのは自分でも解っている。スクワットぐらいはするべきだ。本気で。脚が一番筋肉付き易いし。

 ・
 ・
 ・

 「中華街の安い食べ放題のお店もけっこう面白いですよ」と職場のヒトに教えて貰ったらしく、公介氏なりに色々調べて「普段は食べられないフカヒレ食べ放題に行ってみよう」ってことになった。確かに、近所の安い中華屋さんでは食べられないもんな。

 70品目コースは1800円で、その代わりフカヒレ料理や高そうな食材を使っている料理はほぼ全滅。飲茶だと思えば充分過ぎる品目だけど。

 2400円コースはフカヒレ料理食べ放題で、135品目選べるとのこと。

 なんか一応予約を入れたらしいんだけど、首都高が大渋滞で「コリャ予約時刻に着かないかも…」と不安な顔をしていた。それでも何とか15分前に到着。ところが、

 「あっ!間違えてた!予約したの12月だった!でも予約無しでも入れるから入っちゃえ~。12月のは後でキャンセルしとくから…」って。

 ↓コレが、お腹を極限まで空かせて食べたものです。オーダーバイキングで、冷たい甘い物の一部がセルフ以外は殆ど出来たて熱々を出してくれるです。

 姿煮フカヒレの乗っかっているメニューはなかなか厳しくて、炒飯、白ご飯、麺類と、一杯食べたらけっこうお腹が満たされてしまう料理ばかり。負けられぬ!!!


2017年11月25日 横浜中華街 中国飯店 フカヒレ 135品目 食べ放題 2400円コース 1

 ドリンクバー、フカヒレの姿煮入りあんかけ炒飯、北京ダック、北京ダックの皮


2017年11月25日 横浜中華街 中国飯店 フカヒレ 135品目 食べ放題 2400円コース 2

 豆苗のニンニク炒め、蟹肉入りフカヒレスープ、トンポーロー、白身魚のスパイシーガーリック炒め


2017年11月25日 横浜中華街 中国飯店 フカヒレ 135品目 食べ放題 2400円コース 3

 干し貝柱入りお粥、エビすり身団子の揚げ物、大根餅、ヒスイ餃子


2017年11月25日 横浜中華街 中国飯店 フカヒレ 135品目 食べ放題 2400円コース 3

 鶏足のピリ辛蒸し、蓮の葉のチマキ、チマキの中身、杏仁豆腐、愛玉子


2017年11月25日 横浜中華街 中国飯店 フカヒレ 135品目 食べ放題 2400円コース 4

 クルミ入り焼き菓子、フカヒレ入り五目おこげ、中華風カステラ、フカヒレ入り蒸し餃子

 ・
 ・
 ・

 初めのフカヒレ姿煮炒飯は自分も食べたけど、フカヒレだけ貰って残りの炒飯は公介氏にバトンタッチした。じゃないとロクに品数行かなそうだったゆえ。炒飯好きの公介氏は、初めこそ余裕綽々だったよ。

 でも、帰宅して貰って来た135品目載っているチラシをジックリ見ていたら、70品目コースでも食べられるどーでもイイっちゃ失礼だけど、せっかくの2400円コースだったのに70品目対象のメニューを食べ過ぎていることに気がついて「失敗したー!どうせなら残り65品目の中で終わらせたかったー!」って後悔が残りました。

 公介氏「よし決めた。来月の予約はキャンセルせずリベンジしに行こう。それまでに70品目コース以外のメニューで固められるようにイメージトレーニングしとくんですよ!」って。ラジャー!

 鶏の足をチュバチュバ貪っている自分を見ながら、公介氏は「ゲテモノ…」とドン引きしとったけど、別にこれしきの物をゲテモノ扱いしている公介氏の方が心狭過ぎ。内臓肉よりも余ほどハードル低いだろうに。臭くも無いし普通に美味しいじゃないか。

 公介氏「つーか、躊躇いなくチャレンジする●ちゃんの気持ちを理解出来ない…」

 チャレンジって大袈裟な…。「もみじ」だよ「もみじ」。みんな普通に食べているでしょうが。アレルギーのヒトはともかく、健康であれば食わず嫌いせず一口ぐらいは試し食いしてみれって。そこまでしてから好きだ嫌いだを語って欲しいわい。


2017年11月25日 横浜中華街 関帝廟通 門


 「いやー、オーダーバイキング面白いわ。上を見ればキリが無いけど、大体何処も1680円ぐらいで近所の中華屋で食べられるようなメニューや点心ぐらいしか置いていないし、ココ(ふかひれ食べ放題)の2400円は高いようでいて丁度良く、1人前の量も程よくて満足出来る価格設定でしたね」

 まさにその通りだったなー。ホントに上を見ればキリが無いにも程があってウンザリだけど、2人で巨大なフカヒレ一皿なんて食べ飽きるに決まっとるんだし、小さめでもフカヒレの食感を楽しめて我々は大満足。どれも美味しかったし。
 
 でも、↑コレの少し前にヒレを切られてそのまんま海にドボンと捨てられて、当たり前だけど泳げずに海の底へ沈んで死んで行く鮫の動画を見てしまったものだから複雑な心境過ぎて…。

 普通の鮫でも肝油ぐらいは採れるでしょうが。せめて息の根を止めて利用できる部位は利用尽してこそだと思うんだが。あの動画はショックだったなぁ…。

 しかし面白かったのが、「そろそろデザート系に移ろうかな」ってクルミ入り焼きまんじゅう(とても小っこい一口サイズ)を食べた後、「…やっぱしコレも食べる」と言ってフカヒレ入り五目おこげとフカヒレ入り蒸し餃子まで注文したんだよな(←公介)。

 自分は中華風カステラを注文して打ち止め。せっかくなので、1切れは公介氏に譲った。

 お勘定をしてお店を出た後、公介氏は「ヤバい。さすがに食い過ぎた。おこげが余計だった…」と大後悔していた。薬局で消化薬を買って飲むも後の祭りで、かなりの距離をウロウロしてある程度消化したかしないか…という塩梅だった。

 自分も初めは苦しかったけど、公介氏ほど凶悪な食べ方をしなかったお陰で意外とすぐにお腹も落ち着いた。


2017年11月25日 横浜中華街 関帝廟


 ファッ!?小林幸子!?

 春節燈花2018というオブジェが綺麗だった。


2017年11月25日 横浜中華街 春節燈花 2018


 パンダ(大熊猫)飯店だって。どんなお店か今ひとつ判らないけど、看板が可愛かったのでいつか入店してみたいと思っている。可愛い過ぎる。


2017年11月25日 横浜中華街 大熊猫(パンダ)飯店


 大通りはアレだ。中国のヒトは何処かのお店で焼き小籠包がブレイクすると、いつの間にか「小籠包チャンピオンのお店」が乱立して画一的な街に様変わりしてしまう。
 
 食べ歩きのヒト達で、大通りのヒトの流れが完全に止まってしてしまうのもなかなかキツいよ。昔はココまでじゃなかったし。

 そういや公介氏は、食べ歩きの焼き小籠包に興味深々だ。

 自分「前~に食べた時、豆板醤が上手く炒まっていない生臭さが立ち込めてちーとも美味しくなかったと怒り狂っていたじゃん」

 公介「そこのお店じゃないのを一度食べてみたいんですよ」

 自分「食べ放題の後では到底無理だろうに」

 公介「問題はそこなんですよ…。困った」

 それと「くるなび1位」のお店も乱立しており、無茶苦茶カオスな空間になっとります。でも大昔のような怪しいカオス感ではなく、なかなか入店する機会も無い高級店以外は実に平凡なメニューであまり面白くなくなってしまった。フカヒレ専門店は、その中でも大分マシな部類に入るのではないだろうか。他のお客さんもホント楽しそうだったし。

 …それにしても絶望的なこのご時世の所為か、手相占い店に行列が出来ているのには逆にもっと絶望的になった。しかも、若い男女が大勢順番を待っている。女性はともかく、男性までとは…。

 自分がとある場所でお友達と手相を見られた時、「嗚呼…っ惜しいっ!女に生まれて損をした!男に生まれていたら大成功する手相だったのに…」と力説されてキモかった。怖かった。

 当時は学生で、現在とは違い根拠の無い凄まじき万能感に溢れていたし、そんなことは全く信じることなく終わってしまったけど、お手々のシワ如きで運勢が判ってたまるかっ!自分なんかアトピーだし、年々掌にチリチリとシワが増えているんだぞっ!それも手相だと言えるんかっ?えっ?

 …要するにそういうことなんです。まーだ路上の汚い焼き栗屋に騙されているヒト達の方が健全だと思ってしまう。


2017年11月25日 横浜中華街 大通り 神龍


 12月末のリベンジに続く。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : バイキング・食べ放題
ジャンル : グルメ

関連するタグ 外食 横浜中華街 神社仏閣 歴史 名所 

桶川の美少女像

 ベニバナウォーク桶川の近くに、「桶川の美少女」という名所?があることを知ったです。テレビでも紹介されていたらしいけど、テレビ持っていないから詳細は判らない。

 信号を渡ってファミリーマートを通り過ぎて、何となくライオンの像っぽいのが見えて来て、そのまま歩いて行ってチョット横に曲がったら…、

 ドーン!


2017年10月1日 桶川の美少女2017年10月1日 桶川の美少女 顔アップ


 何故だかふと、「ゴールデンアックス」のアマゾネスお姉さんを思い出した。懐かしいなぁ。

 ゴールデンアックス(セガ メガドライブのアクションゲーム) Wiki リンク

 ゴールデンアックス アマゾネスお姉さん 画像検索

 向かって右にライオン、


2017年10月1日 桶川の美少女 向かって右にライオン像


 向かって左にパンダちゃんを従えて、キラキラ光り輝いていた桶川の美少女であります。


2017年10月1日 桶川の美少女 向かって左にパンダちゃん像


 桶川の美少女 大工岡野靖夫

 ◎この作品(彫刻)はコンクリを固めて作った手作りの作品です。従いまして非常に難しく苦労した作品の一体です。他に例がないと思います(コンクリ素材として)本来ならば着色せずコンクリで見せたかったのですが一度倒れヒビが出てしまったのでやむを得ずペインティングしました。アートとして見て戴けたらと思います。これは私の屋外の個展です。(見たくない方は素通りして下さい。)
 ◎この柵内 敷地内には、関係者以外立ち入らないで下さい。厳しく申し上げます。

 正直、田舎町に1人は居る変わり者オッサン屋敷の周りを取り囲むオブジェの内の1つなんだろうと想像していた。ところが立札に切ない情景がパッと目に浮かんで来るような大変イイ詩が書き込んであり、実のところ東京国立博物館の運慶展を見に行きたくて辛抱タマランかったんだけど、大人気・行列必至だと知って諦めた恨み&無念も晴れた気がする。

 桶川の美少女

 一  今日も遠出のハンドル握りゃ
   長い旅路が待っている
   そんな俺らを癒すのは
   赤い水着がとっても似合う
   それは桶川の桶川の美少女よ

 二  今日も早出のハンドル握りゃ
   遠い景色が俺を待つ
   そんな俺らを癒すのは
   白い素肌がとってもきれい
   それは桶川の桶川の美少女よ

 三  今日も一日ハンドル握りゃ
   赤い夕陽が待っている
   そんな俺らを癒すのは
   長い黒髪とっても似合う
   それは桶川の桶川の美少女よ

       大工 岡野靖夫 


 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

関連するタグ 名所 ご当地キャラ 

プロフィール

つぶりかぶり

Author:つぶりかぶり

検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
飲 (4)
本 (0)
タグリスト
ここに登場する面々
つぶりかぶり(自分) ♀
 半病人。
 東陽片岡愛。好き嫌い少ない。

公介 ♂
 昭和プロレス愛。ド偏食。
 卵好き。

古老
 ロシアリクガメ 賢い。

タレ
 ケヅメリクガメ 黄レンジャー。

ミノさん
 クサガメ♀ バーサーカー。

ケンさん
 クサガメ♂ 天使。

ミナミのヒト
 ミナミイシガメ 気まぐれ。

植物
 よく枯れる。

お気に入り
RSS
☆☆☆